2006年08月29日

デジカメ新機種発売シーズン到来!

いよいよデジカメの新機種発売のシーズンが来ましたね!雑誌などから、今期のデジカメ新機種の傾向を探って見ました。

まず一番話題をさらっていて、筆者が一番「違うだろ〜」と突っ込みたくなるのが、1000万画素機種です。未だに高画素化戦争やってるんだ〜と呆れてしまいますね・・・。そんな巨大サイズで写真とっても、PC画面に収まらないし、プリントするにも大きすぎます。

逆に良い傾向だなぁ〜と思うのが、広角(ワイド)レンズ搭載機種や、ブルトゥース(無線LAN)機能搭載機種など、新たな方向性を模索している機種が増えている事です。特に広角ズーム機は、ライトユーザーにも何かと使い勝手が良いので、今後の新たなトレンドになる可能性を秘めていますね。

それとメーカー側では、利益率の高い一眼レフ機を売りたいのでしょうけど、筆者的にはまだまだ割高だと思います。望遠とワイド、両方のレンズキッド付属で10万円を切る位になってくれれば、ライトユーザーの取り込みも可能になると思うのですが・・・ちょいと無茶な価格ですかね?

かつてSOTECがパソコンの価格破壊を起こしてくれた事で、現在では10万円以下でノートパソコンが買える時代になりました。どこかのメーカーが、デジタル一眼レフカメラの価格破壊を起こした時こそ、第二のデジカメブームが来る時だと思いますね。
posted by dc at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。