2006年08月06日

キャノンがリコール(無償修理)

キャノンが、発売中のデジカメ「PowerShot A530」「PowerShot A540」について、『カメラ底面のバッテリーカバー付近が熱くなるものが含まれていることが判明した』ということで、無償修理(リコール)に応じるそうです。このことが原因で、電池の消耗が早くなり、撮影枚数が極端に少なくなったりするそうです。

【キャノン公式ページ】
デジタルカメラ「PowerShot A530」「PowerShot A540」をご使用のお客さまへ

フリーコールにて電話すると、依頼された宅配業者が、指定日時に自宅まで回収に来てくれ、梱包なども宅配業者がしてくれるそうです。どうやらこの製造ミス?の固体は一部で、全ての固体が不具合が起こる訳ではないようです。とはいえ、ユーザーは一切のお金は掛かりませんので、上記二機種を持っている人は、素直にリコールに応じておいた方が良いですね。
posted by dc at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不具合・リコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。