2006年08月01日

富士フィルムの"顔"自動検出デジカメ

富士写真フイルムの新製品、一眼レフタイプのデジタルカメラ「FinePix S6000fd」は、人物の『顔』を素早く検出して、ピントや明るさの調節を瞬時に自動で設定してくれるそうです。

【ソース】“顔”に着目した一眼デジカメ、富士写真フイルム
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060727-00000027-zdn_lp-sci

デジカメの画素数戦争はすでに有名無実化しており、販売数を伸ばす為には、独自の便利な機能を開発する事が、メーカー各社には求められます。最近では「手ぶれ補正機能」が大ヒット機能だといえますが、それも各社が標準導入しつつありますので、更なる新機能が必要でしょう。

ヒットする新機能というのは、技術屋さんの腕の見せ所であるのと同時に、ユーザーが喜ぶような機能を見つけることが大前提ですから、企画・マーケティング部門の人たちがキーパーソンになるのでは?と思います。

但し、携帯電話のように「色々と機能を盛り込みすぎてユーザーからうっとおしがられる」というような、本末転倒にならないよう注意してもらいたいですね。
posted by dc at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。