2006年07月30日

キヤノンが通期営業益上方修正

キャノンが06年12月期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高予想を100億円減額したにも関わらず、営業利益を40億円ほど増額予想している。理由は、デジカメ部門の収益が好調な為なようです。

【ソース元】キヤノンが通期営業益上方修正〜デジカメ収益性高く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060728-00000101-rtp-biz

在庫を抱えないように計画性を持った製品開発に注力した事と、高単価・高収益である一眼レフデジカメの出荷台数が伸びていることが、業績好調の要因だそうです。

最近では、マクドナルドがバリュー路線から(サラダマック等の)高単価商品へとシフトを図っていたり、100円ショップまで高単価商品を盛り込んで業績回復を狙うなど、企業の製品価格も二極化傾向が強まっています。生き残りを図る為には、高単価商品路線を歩むしか手が無いというのが、日本の小売業の現状ですかね・・・。

ちなみに上方修正発表の翌日、キャノンの株価は70円ぽっちの値上がり(約1.3%)に過ぎませんでした。日経平均も1%強の値上がり(+163円)だった事を考えると、しょぼい値動きですな。折り込み済みだったのか、とっくにインサイダーが利確売りしていたのかは定かではありませんが・・・。
posted by dc at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社業績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。