2006年11月23日

kodakの伝説の名機がいよいよ復活!

コンパクトデジカメでは最高の広角23ミリをカバーする、コダックの「V570」という機種をご存知でしょうか?人気した事とメーカーが増産しなかったこともあって、発売から数ヶ月後の今年夏辺りには、量販店の店頭からもアマゾンや楽天のショップからも姿を消した名機です。アマゾンの中古品など、定価よりも一万円高い6万円という驚愕の値段で売られていたほどで、あるいみ伝説のデジカメです!

そんな「V570」に、待望の後継機種「EasyShare V705」が12月に発売されることが決定したようです(コダック公式サイト)。広角23ミリレンズはそのままに、有効画素数が710万画素にアップし、ISO感度も最大1000までアップしています。手ぶれ補正が無い点は残念ですが、ISO(とシャッター速度)を上げた高感度撮影によって、ある程度手ぶれは軽減できるでしょう。ちなみに筐体もシルバー色が加わっています。

今秋のデジカメ新機種は、各社とも広角ズーム搭載機に注力しているようですが、23ミリまでカバーするのはコダックだけです。実売価格はおそらく5〜6万円になると思われ、コンパクトデジカメとしてはかなり高価ではありますが、値段に見合う価値はあると思いますね。デジカメ買い換えたばかりの筆者も、早速「買っちゃおうか」という誘惑にかられています(^_^;)。
posted by dc at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

デジカメ会社は世界市場が肝?

キャノン、オリンパス、ペンタックスの3社が、今年度のデジカメ出荷数を上方修正する発表を相次いで行った。懸念材料だったコンパクトデジカメの販売台数が上向いたこと、高単価の一眼レフ機も売れていること、国外向けの販売が好調なことが理由だそうだ。これに伴って、三社とも売上高などの業績予測も上方修正した。
デジカメ大手3社、世界出荷計画を相次ぎ上方修正
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061110-00000014-maip-bus_all
各社とも、新機能を盛り込んだデジカメを開発したことで、一般世帯普及率は53.7%(内閣府調査)という飽和市場でも、何とか売上を伸ばすことができたようだ。

但し、今後もこのペースで出荷台数を増やせるのかは大いに疑問が残ります。新機能を盛り込もうにも、開発費が増大する上に、その商品がヒットするのかは未知数ですから・・・。

ということで、各メーカーとも海外市場への進出が、売上増大の最大のポイントとなりそうです。特に期待されるのが、自動車メーカーからコンビニまで、あらゆる業界で進出合戦が続くお隣中国の市場。人口が日本の10倍もある上に、デジカメ普及率もきわめて小さいはずですからね。
posted by dc at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社業績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。