2006年11月23日

kodakの伝説の名機がいよいよ復活!

コンパクトデジカメでは最高の広角23ミリをカバーする、コダックの「V570」という機種をご存知でしょうか?人気した事とメーカーが増産しなかったこともあって、発売から数ヶ月後の今年夏辺りには、量販店の店頭からもアマゾンや楽天のショップからも姿を消した名機です。アマゾンの中古品など、定価よりも一万円高い6万円という驚愕の値段で売られていたほどで、あるいみ伝説のデジカメです!

そんな「V570」に、待望の後継機種「EasyShare V705」が12月に発売されることが決定したようです(コダック公式サイト)。広角23ミリレンズはそのままに、有効画素数が710万画素にアップし、ISO感度も最大1000までアップしています。手ぶれ補正が無い点は残念ですが、ISO(とシャッター速度)を上げた高感度撮影によって、ある程度手ぶれは軽減できるでしょう。ちなみに筐体もシルバー色が加わっています。

今秋のデジカメ新機種は、各社とも広角ズーム搭載機に注力しているようですが、23ミリまでカバーするのはコダックだけです。実売価格はおそらく5〜6万円になると思われ、コンパクトデジカメとしてはかなり高価ではありますが、値段に見合う価値はあると思いますね。デジカメ買い換えたばかりの筆者も、早速「買っちゃおうか」という誘惑にかられています(^_^;)。
posted by dc at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

デジカメ会社は世界市場が肝?

キャノン、オリンパス、ペンタックスの3社が、今年度のデジカメ出荷数を上方修正する発表を相次いで行った。懸念材料だったコンパクトデジカメの販売台数が上向いたこと、高単価の一眼レフ機も売れていること、国外向けの販売が好調なことが理由だそうだ。これに伴って、三社とも売上高などの業績予測も上方修正した。
デジカメ大手3社、世界出荷計画を相次ぎ上方修正
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061110-00000014-maip-bus_all
各社とも、新機能を盛り込んだデジカメを開発したことで、一般世帯普及率は53.7%(内閣府調査)という飽和市場でも、何とか売上を伸ばすことができたようだ。

但し、今後もこのペースで出荷台数を増やせるのかは大いに疑問が残ります。新機能を盛り込もうにも、開発費が増大する上に、その商品がヒットするのかは未知数ですから・・・。

ということで、各メーカーとも海外市場への進出が、売上増大の最大のポイントとなりそうです。特に期待されるのが、自動車メーカーからコンビニまで、あらゆる業界で進出合戦が続くお隣中国の市場。人口が日本の10倍もある上に、デジカメ普及率もきわめて小さいはずですからね。
posted by dc at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社業績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

デジカメ新機種発売シーズン到来!

いよいよデジカメの新機種発売のシーズンが来ましたね!雑誌などから、今期のデジカメ新機種の傾向を探って見ました。

まず一番話題をさらっていて、筆者が一番「違うだろ〜」と突っ込みたくなるのが、1000万画素機種です。未だに高画素化戦争やってるんだ〜と呆れてしまいますね・・・。そんな巨大サイズで写真とっても、PC画面に収まらないし、プリントするにも大きすぎます。

逆に良い傾向だなぁ〜と思うのが、広角(ワイド)レンズ搭載機種や、ブルトゥース(無線LAN)機能搭載機種など、新たな方向性を模索している機種が増えている事です。特に広角ズーム機は、ライトユーザーにも何かと使い勝手が良いので、今後の新たなトレンドになる可能性を秘めていますね。

それとメーカー側では、利益率の高い一眼レフ機を売りたいのでしょうけど、筆者的にはまだまだ割高だと思います。望遠とワイド、両方のレンズキッド付属で10万円を切る位になってくれれば、ライトユーザーの取り込みも可能になると思うのですが・・・ちょいと無茶な価格ですかね?

かつてSOTECがパソコンの価格破壊を起こしてくれた事で、現在では10万円以下でノートパソコンが買える時代になりました。どこかのメーカーが、デジタル一眼レフカメラの価格破壊を起こした時こそ、第二のデジカメブームが来る時だと思いますね。
posted by dc at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

プロ向け写真用プリンタ用紙〜価格は?

「プロ向け写真用インクジェットプリンタ用紙」なる商品が、コクヨから発売されるそうだ。パッケージを見るだけでも、何だか分からんが凄そうな感じがします。

【ITmedia Biz】
プロ向け写真用インクジェットプリンタ用紙、コクヨS&Tが発売
【コクヨ:プレスリリース】
インクジェットプリンタ用紙「プロフェッショナル写真用紙」を発売

素人の人は、カメラが高性能なほど美しい写真になると考えがちですが、実は(多くの場合写真はプリントアウトして見る物なので)プリンタ及びプリンタ用紙の性能の方が、よっぽど大事だったりします。

極端な話、最高性能の一眼レフデジカメで撮った写真を、印刷会社並みの超高性能プリンタで出力するとしても、安物の普通紙に印刷すれば、とてもじゃないが綺麗な写真にはなりません。逆に、カメラが少々安物で安価なプリンタだとしても、高級な写真用紙にプリントすれば、かなり綺麗な写真に仕上がります。

デジカメやプリンタの性能は、現在市販されているものでは、そんなに極端な性能差はありません。今の一番安いカメラやプリンタでも、2〜3年前の高級機種並みの性能があります。しかし、プリンタ用紙という商品は、安物は所詮いつの時代でも安物で、現在のクソ用紙は過去でもクソ用紙です(失礼)。

つまり、美しい写真を残したいのなら、カメラにこだわるよりも、そのお金をプリント用紙に回して高級紙を買った方が、はるかに有効だといって良いでしょう。

・・・しかし、この「オープンプライス」というのは、どう考えても消費者無視の制度ですな。プロ向け高級紙ってんだから、一体いくら位するのかが、消費者が最も知りたいことなのにねぇ・・・。
posted by dc at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

双眼鏡としても使えるコンパクトデジカメ

双眼鏡とカメラという、今までありそうでなかった(はずだよね?)コラボレーション商品が登場したようです。

【BCNランキング】
サンコー、双眼鏡としても使える210万画素のコンパクトデジカメ

光学7倍ズーム搭載のデジカメに、双眼鏡機能、動画撮影機能、ウェブカメラ機能を搭載しているそうだ。デジカメが電池切れを起こしても、双眼鏡としては普通に使えるらしいです。機能は豊富でも「肝心の画質はどうなんや?」という疑問は残る訳ですが、それでも1万6800円(直販サイト価格)を考えると、かなりお買い得な商品に思えます。

今までデジカメって商品は、カメラ以外の機能・付加価値の付いた商品は皆無でして(動画撮影機能くらいでしょう)、逆に携帯電話にデジカメ機能を付けられた為に、販売シェアの頭打ちを招いてしまってました。

携帯電話は、カメラ機能や形態音楽プレーヤー機能、そしてテレビ番組閲覧機能と様々な別ジャンルの商品機能を搭載させる事で、頭打ちといわれる市場で生き残っています。そういう意味では、携帯電話を開発する会社というのは、発想力・マーケティング能力が非常に優れていると言えます。

今回の双眼鏡機能のように、デジカメにもカメラ以外の機能を搭載して「他のジャンルの商品市場から客を奪ってくる」という努力が、今後は不可欠になってくると思います。もっと、とっぴおしもない斬新な機能を備えたデジカメが登場する事に期待したいですね。
posted by dc at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

キャノンがリコール(無償修理)

キャノンが、発売中のデジカメ「PowerShot A530」「PowerShot A540」について、『カメラ底面のバッテリーカバー付近が熱くなるものが含まれていることが判明した』ということで、無償修理(リコール)に応じるそうです。このことが原因で、電池の消耗が早くなり、撮影枚数が極端に少なくなったりするそうです。

【キャノン公式ページ】
デジタルカメラ「PowerShot A530」「PowerShot A540」をご使用のお客さまへ

フリーコールにて電話すると、依頼された宅配業者が、指定日時に自宅まで回収に来てくれ、梱包なども宅配業者がしてくれるそうです。どうやらこの製造ミス?の固体は一部で、全ての固体が不具合が起こる訳ではないようです。とはいえ、ユーザーは一切のお金は掛かりませんので、上記二機種を持っている人は、素直にリコールに応じておいた方が良いですね。
posted by dc at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不具合・リコール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

富士フィルムの"顔"自動検出デジカメ

富士写真フイルムの新製品、一眼レフタイプのデジタルカメラ「FinePix S6000fd」は、人物の『顔』を素早く検出して、ピントや明るさの調節を瞬時に自動で設定してくれるそうです。

【ソース】“顔”に着目した一眼デジカメ、富士写真フイルム
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060727-00000027-zdn_lp-sci

デジカメの画素数戦争はすでに有名無実化しており、販売数を伸ばす為には、独自の便利な機能を開発する事が、メーカー各社には求められます。最近では「手ぶれ補正機能」が大ヒット機能だといえますが、それも各社が標準導入しつつありますので、更なる新機能が必要でしょう。

ヒットする新機能というのは、技術屋さんの腕の見せ所であるのと同時に、ユーザーが喜ぶような機能を見つけることが大前提ですから、企画・マーケティング部門の人たちがキーパーソンになるのでは?と思います。

但し、携帯電話のように「色々と機能を盛り込みすぎてユーザーからうっとおしがられる」というような、本末転倒にならないよう注意してもらいたいですね。
posted by dc at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

キヤノンが通期営業益上方修正

キャノンが06年12月期の連結業績予想の上方修正を発表した。売上高予想を100億円減額したにも関わらず、営業利益を40億円ほど増額予想している。理由は、デジカメ部門の収益が好調な為なようです。

【ソース元】キヤノンが通期営業益上方修正〜デジカメ収益性高く
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060728-00000101-rtp-biz

在庫を抱えないように計画性を持った製品開発に注力した事と、高単価・高収益である一眼レフデジカメの出荷台数が伸びていることが、業績好調の要因だそうです。

最近では、マクドナルドがバリュー路線から(サラダマック等の)高単価商品へとシフトを図っていたり、100円ショップまで高単価商品を盛り込んで業績回復を狙うなど、企業の製品価格も二極化傾向が強まっています。生き残りを図る為には、高単価商品路線を歩むしか手が無いというのが、日本の小売業の現状ですかね・・・。

ちなみに上方修正発表の翌日、キャノンの株価は70円ぽっちの値上がり(約1.3%)に過ぎませんでした。日経平均も1%強の値上がり(+163円)だった事を考えると、しょぼい値動きですな。折り込み済みだったのか、とっくにインサイダーが利確売りしていたのかは定かではありませんが・・・。
posted by dc at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社業績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。